大山に登る


大山(1252m)

丹沢山塊の東端に鎮座する霊峰。古代から国を護る神の山のとして、また、海上からは羅針盤の役割を担う海洋の守り神として崇められてきた。加えて、大山は「雨降山」とも呼ばれているのだが、それは山頂に年中水のしたっている霊木があるからだとか。

mousikomi01-006

【行程】日帰り

【予定コース】大山ケーブル駅-男坂-大山-女坂-大山ケーブル駅

【歩行時間】6時間(標準コースタイム)

【登山レベル】中級

【集合】 9:00 大山ケーブルバス停

【解散】16:00 大山ケーブルバス停

【定員】6名
*2名様以上の実施となります。

【ガイド料】6,800円(お一人様)
*交通費、食事代、お風呂代は各自ご負担となります。
*ガイド料は、当日に担当ガイドへ現金でお支払いください。

【主な装備】
・レインウエア上下(ゴアテックスなどの登山用)
・バックパック(両手が空くザック、ある程度余裕がある大きさのもの)
・トレッキングシューズ
・防寒具や風よけウエアなど
・飲料水 (1~1.5リットル程度)
・昼食/行動食(おにぎりやパンなど短い休憩時間に食べられるもの)
・トレッキングポール(膝が心配な方はご用意ください)
・サングラス、日焼け止め
・ヘッドランプ

【注意事項】
・多少の雨でも催行いたします。
万一、悪天候により中止する場合は、前日の18時までに
ホームページの下部の「お知らせ欄」にてお知らせします。
・参加者の皆さまは「山岳保険」への加入をお願いします。

mousikomi01-006